ビットコイン高騰背景に日韓の出来高増 仮想通貨イーサリアム・XRP(リップル)も重要節目を突破

時価総額Top3好調
ビットコインの終値を1万1351ドルと、2017年末のバブル相場以来の高値となるなか、8月もその勢いは失速する様子がない。

2日の仮想通貨市場は、ビットコイン(BTC)が前日比6%高の127万円、米ドル建では1万2000ドルまで100ドルと目前に迫った。
またイーサリアム(ETH)が16%高の4.2万円、XRP(リップル)が14%高の31.2円とTop3が好調だ。

FTXの時価総額規模別インデックスで確認すると、ビットコイン(メインチャート)が急伸した21日以降の騰落率比較で、ETH・XRPなど日本で多く取り扱われる主要アルトコイン(赤)のパフォーマンスがビットコインを大きく上回った。

中規模(オレンジ)や小規模キャップ(水色)もプラスで推移するなど、ビットコインの一部の手仕舞い資金などが市場に残る循環物色の様相が示されたが、USDTやフィアット(法定通貨)からの新規の資金流入先は、主要通貨をメインとしている可能性が騰落率から示された。
なお、過去1ヶ月で好調だったDeFi銘柄(黄)もわずかにプラスの状況で、手仕舞い資金はイーサリアム(ETH)などへ流れている可能性も指摘できる。

フィアットからの新規流入資金を国別に可視化するFiatleakのデータによると、資金の流入経路で最も活発なのは米国(グローバル取引所含む)だ。
一方、単一通貨に支えられる韓国と日本が2位、3位にランクインするなど、2017年バブル時を彷彿とさせる盛り上がりを見せている。
これら2地域の出来高は顕著に増加傾向を示しており、ビットコイン高騰の勢いを支えるマーケットの一つになっている。

専門家の見解
この様な市場状況を受け、マーケット予想でも定評のあるBitMEX アーサー・ヘイズCEOは、「(イーサリアムの)399ドルは予想外だった。
次のターゲットは500ドルだと思う」とコメント。

$399 are you outta your mind. mETH on sale next stop $500. #walterwhite pic.twitter.com/qYmCq63s7K— Arthur Hayes – @CryptoHayes – August 2, 2020
海外大手仮想通貨取引所BitfinexのPaolo Ardoino(@paoloardoino)CTOはCoinPostに対し、直近の仮想通貨市況について以下のようにコメントした。

ウィンクルボス兄弟のキャメロン氏は、2017年の状況とは異なり、今回の市場高騰は、インフレヘッジとしてのビットコインとDeFiに乗り遅れないようにするイーサリアムの両側面が支えているとした。

Unlike 2017, this rally is being driven by BOTH #Bitcoin as an inflation hedge and #Ethereum DeFi FOMO.— Cameron Winklevoss – @winklevoss – August 1, 2020
株式やコモディティのような他のアセットクラスとの相関で、ビットコイン価格の11000ドル越えの急上昇を探るより、この世界で最も大きなな仮想通貨が如何にしてここまで来たかを思い出すべきだ。
誕生からたった10年でビットコインはその頑健さを示している。
また、中央銀行と破綻しつつある金融システムによる大規模な金融緩和の中にあっても、今年、ビットコインの存在は際立っている。


posted by 株式会社CoinPost : https://coinpost.jp/?p=170934

Author: ook_usr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です