プーチン露大統領、仮想通貨の決済利用禁止法案に署名

ロシアの初仮想通貨法案が来年実施
ロシアのプーチン大統領が仮想通貨による決済利用を禁止する法案「デジタル金融資産関連法(On Digital Financial Assets:DFA)」に署名したことがわかった。
地元メディアRIAが報じた。

このデジタル金融資産関連法はロシアにおいて仮想通貨関連法として初めて成立した。

新たな法律は、仮想通貨を納税対象となる『財産』と定義するが、商品やサービスの支払い手段として利用することを禁止する。
来年1月より施行されるという。

また、この法律は企業が中央銀行の許可を得た上でブロックチェーンを利用し、デジタル証券を発行することができると規定。

金融市場委員会のトップAnatoly Aksakovによると、今回の法律のほか、仮想通貨に関するより具体的な規制を制定するもう1つの法案「デジタル通貨関連法」は現在進められているという。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

posted by 株式会社CoinPost : https://coinpost.jp/?p=172147

Author: ook_usr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です